メンズファッション

もてる男になるためのメンズファッション講座 > スポンサー広告 > フロントプリーツ(タック)> [ファッション用語]基礎知識 > フロントプリーツ(タック)

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロントプリーツ(タック)

2010年07月07日(水)

こんにちは、尾浪です。

今回はファッション用語解説
「フロントプリーツ(タック)」。

スラックスの前
ウエストバンドの下に付く「ひだ」を
「フロントプリーツ」と言います。

日本ではこれを通常
「タック」と呼んでいます。

本来、ウエスト部分のゆとりを
とるために設けられたものです。

「ノータック」というのは
フロントプリーツ(タック)がないもの。

スポーティーなスラックスに
よく見られ

ジーンズやトラッド、アイビー調
のスラックスはほとんど
このスタイルになっています。

「ワンタック」はタックが
1本とられたもの。

ほどよいフィット感を
腰に与えてくれることから

多くのスラックスに
取り入れられています。

「ツータック」はタックが
2本とられたもの。

本来は肥満体向きの
スラックスに採用されていましたが

今はおしゃれとして若者向きのスラックスにも
取り入れられるようになっています。

スリータックよりタックが多くなったものは
タックとは呼ばず「ギャザー」と呼ばれます。

復習になりますがスラックスの前
ウエストバンドの下に付く「ひだ」を
「フロントプリーツ(タック)」と言います。

イーメンズファッション図鑑
http://zxcv928.web.fc2.com/

 
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。