メンズファッション

もてる男になるためのメンズファッション講座 > スポンサー広告 > なるほど湿気対策の裏ワザ(2)> [ファッション用語]基礎知識 > なるほど湿気対策の裏ワザ(2)

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なるほど湿気対策の裏ワザ(2)

2010年06月08日(火)

こんにちは、尾浪です。
前回に引き続き衣類の湿気対策です。

カビを防ぐにはクローゼットに
衣類を詰め込みすぎないことです。

通気性をよくするためにも
8分目くらいを目安に収納します。

湿気は下にこもるので
衣類の素材によって
収納場所を決めましょう。

湿気に弱いウールやカシミヤ、
シルクなどの素材は上のほうに。

湿気に比較的強い綿や麻などの製品は
下に入れるのがポイントです。

p1.jpg

部屋干しなど臭いの原因は洗濯で
落ちきれない汚れと乾く時間の問題です。

クリーニング屋さんでワイシャツ
などを洗うとキレイになりますが

それはクリーニング屋さんでは
50℃~60℃の温水で洗うからです。

家庭用洗濯機では風呂の残り湯を
使用すると洗浄力が上がります。

ただし、色落ちや縮み、シワに
なりやすくなるので注意が必要です。

また、残り湯の匂いや汚れがひどい場合は
使用しないほうがいいでしょう。

さらに酸素系漂白剤を使用します。
酸素系漂白剤は、色柄物にも使用できるので

洗剤と一緒に入れると
除菌効果を高め洗浄力も上がります。

大切な服にカビが生えないよう
しっかり対策することは

ファッションへの意識を高め
おしゃれの基本といえるでしょう。

 
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。