メンズファッション

もてる男になるためのメンズファッション講座 > スポンサー広告 > 「インナー」のお話> [ファッション用語]基礎知識 > 「インナー」のお話

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「インナー」のお話

2010年06月01日(火)

こんにちは、尾浪です。

少しずつファッション用語の
勉強をしてるわけですが
楽しく読んでいただけてますでしょうか?

ひとつお断りしておきたいことは
用語の解説のために写真を載せてますよね。

あれは実際に見たほうが早いだろと思い
品揃え豊富な「楽天」から引っ張ってきています。

誤解している人はいないと思いますが
「これを買え」という意味ではありません。

先週のラインナップなどは気軽に買えないくらい
高価なサンプルばかりセレクトしたので
欲しくてもとても買えませんでしたよね。

でも、それでいいんです。
欲しい気持ちは大切にしてください。

そして写真でどんなものかだけ知って
実際にショップで見て確認してほしいのです。
全く同じ物でなくても製品名が同じ物を。

「ははーん、これが尾浪の言ってたやつか」
「もっと安くていいのはないかな」

さらに「店員さんに聞いてみようかな」
「着るだけタダなので試着してみようかな」

となればしめたものです。
すぐにファッション通になれます。

「回転寿司ファッション」(4/26)
でぼくがお話しした通り

ブランド物を着ればおしゃれな気がする。
高い物を買えばいいような気がする。

というのは間違いではないけど違うんですね。
よかったら、また読み直してください。

さて、今回は「インナー」のお話です。

「インナー」とは「下着」のことです。

英語で言うと「アンダーウェア」。
(ナイスな発音で)^^;

カッターシャツで仕事をする人にとって
これからの季節困るのが「汗ジミ」です。

カッターシャツというのも
「シャツ」というぐらいですから

もともと下着なので
肌に直接着るのが基本です。

でも汗ジミで困るなら
迷わずシャツの下に
インナーを着ましょう。

これがノースリーブだと
今どきの20代女性陣には
「オヤジ臭い」と思われるらしいです。

なので、VネックのTシャツを
着るといいでしょう。

ヘインズ、TシャツのVネック





Vネックだとノータイでも決まります。
吸水・吸湿性にすぐれたものを選びましょう。

カラーシャツの場合は
同色のものを選ぶと
透けて見えるのを抑えられます。

 
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。