メンズファッション

もてる男になるためのメンズファッション講座 > スポンサー広告 > イーメンズ協会って何だ?> [ファッション用語]プロフィール > イーメンズ協会って何だ?

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イーメンズ協会って何だ?

2010年04月06日(火)

こんにちは、尾浪正太郎(おなみしょうたろう)です。

実は「尾浪正太郎」というのは
ハンドルネームです。

我々「イーメンズ協会」は当初

それぞれ4人の名前を組み合わせて
一番字画がよかったのが
「尾浪正太郎」だったというわけです。

4人が別々に名乗るとややこしいので
今のところこれに統一しています。

ところで「イーメンズ協会」
というのも怪しい名前ですよね?

あなたもきっとこう思ったはずです。

「イーメンズクラブ」とか
「イーメンズクリエイティブ」とか

もっとカッコイイ名前があっただろうに
センス悪いなぁ、こいつ。

ファッションセンスも
センスないんとちゃうか?

理由を明かすと、この名前も
“字画”のよさで決めました。(〃∇〃)

どんだけ占いに頼ってんだ!
おまえらスピリチュアル命か!

と言われそうですが(・・。)ゞ
そうかもしれませんね。

でも何でもいいと言われることに
越したことはないじゃないですか。

ダサイ名前だって浸透すればきっと
いい名前と言われるようになるはずです。

そもそも「イーメンズ協会」が
メンズファッション情報を
皆さんに提供しようと思ったのは

メンバーの1人「浪」が
ファッションセンスのなさに悩んでいて

ぼく「太郎」はそういう彼を横目で見ながら
「そう言われると確かにダセーな。ワハハ」
とちょっと見下していたのです。

そう、あの日までは・・・。

ぼく「太郎」には長く付き合っている
彼女がいるのですが

ある日、唐突に こんなことを言われたのです!

「なんか、昔よりセンス悪くなったし…」

胸に突き刺さりました。
このままでは嫌われると思い

自分の服装を全身が映る鏡の前で
ジーッと見てみました。

ダボダボのズボンにベルトはないし
上は10年以上前に買ったミチコロンドンの
トレーナーといういでたちです。

おまけに頭はボサボサで
まゆ毛もボーボー…。

ぼくは油断し過ぎていました。

「オレはイケてるぜ、イェイ」
と勘違いをしていたのでした。

基本的に田舎者で、不潔なぼくが
イケているはずがありません。

勘違いもいいとこで、急に恥ずかしくなりました。
穴があったら入りたくなりました。

自分でダサいと言っていた「浪」のほうが
そのことを自分で認めていた分
カッコいいと思いました。

そこで…。
翌日、このままではダメだと思って

ユニクロに定番の黒いジャケットを
1人で買いに行くことにしたのです。

何回も試着したのですが
…わからないのです。

自分にこれがホントに
似合っているのか?

この格好はおかしくないのか?
わからないのです。

そんな不安が残ったまま
買い物などできるはずもなく

何も買わずに逃げるように
お店を後にしました。

正直に告白するのですが…
僕には服のセンスがないようです。

よさそうだと思って買っても
家で着てみると何か不自然で
おかしいのです。

少し大げさかも知れませんが
服を買うのが怖いです。

なぜなら、ムダにお金を使って
着ない服ばかりが増え
タンスがいっぱいになっていくからです。

もう、嫌になりました。

洋服もまともに選べない自分が
情けなくなりました。

たった1つだけハッキリしたこと。
それは…。

ぼくはファッションについての
知識が圧倒的に欠けているということです。

そこで、いつもの仲間が集まった時
ぼくは思い切ってみんなに打ち明けました。

実は自分もイケてないと気付いたこと。
一人で新しい服を選べないこと。

どんな組み合わせがよくて
どんな組み合わせが悪いか知らないこと。

ファッション用語がさっぱりわからないこと…。

するとどうでしょう。
驚いたことに、ぼくの話を聞いていた仲間たちが

「実はオレもそうなんだ」(尾)
「そうそう、それってほんとわからないよね」(正)

と、同意を示してくれたのです。

なんだ・・・みんなそうだったのか。
そのことでますます意気投合したぼくたちは

「だったらこれからお店や専門家に
みんなで聞きに行って勉強しようよ」
という結論に達したのです。

そして、勉強し実践して得られた結果を
記録を残すという意味も込めて

自分たちと同じ思いで悩んでいる
人たちに発信しようと思い立ったのです。

こうして「イーメンズ協会」が
発足しました。

メンバー4人の性格や
才能は多種多様です。

ぼくのように文献を調べたり
書いたりすることが得意な奴から

それこそ敷居の高いお店に突撃して
店長さんに迷惑かけながらも
根掘り葉掘り聞き出してくる奴。

女性の観点からもてるファッションの
極意を調査している奴…。

いろいろ取り組んでいます。
そのおかげでたぶん

あなたより少しだけ
ファッション知識が豊富になり
自信が持てるようになりました。

ぼくたちは生まれつき
センスがないダサ男ではなったのです。

これまでファッションについて
教えてくれる人が誰もいなかっただけ。

自分から勉強しようと思う
きっかけがなかっただけなのです。

きっとあなたもそうでしょう?

ならば、ほんのちょっと前まで
あなたと同じ立場だったぼくらが
学んだことのすべてを提供しましょう。

初心者の気持ちが痛いほどわかるので
かゆいところに手が届くアドバイスができます。

デートに何を着て行けばいいかわからない。

着こなしやコーディネイトの仕方がわからない。

そもそも“コーディネイト”の意味さえわからない。

そんなあなたこそ、イーメンズ協会の仲間です。
よかったら無料メルマガを購読してください。

http://www.mag2.com/m/0001122401.html

今後、ファッションに限らず
“いい男”になるための情報を
惜しみなく提供していきたいと思っています。

ずっと仲良くしてもらえるとうれしいです。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

 
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。