メンズファッション

もてる男になるためのメンズファッション講座 > スポンサー広告 > ファッションアドバイスの受け方> [ファッション用語]基礎知識 > ファッションアドバイスの受け方

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファッションアドバイスの受け方

2010年10月29日(金)

こんにちは、尾浪です。
今回は「アドバイスの受け方」です。

服を買う時に一番悩むのは
その服が自分に似合っているかだと思います。

迷っている時に「似合ってるよ」
と言ってもらえただけで安心して購入できるものです。

ただし、実はこれが間違いの元です。
あなたも他人が試着したのを見て

「いいじゃないか、似合ってるよ」
と軽くコメントしたことはありませんか。

そう、他人へのひと言は実にいい加減です。
こんな時は誰でも褒めて気分良くさせてあげたいだけなのです。

特に女性はよく友達同士でショッピングに行き
お互い褒め合って気持ちよく買い物をするのを好みます。

「かわいい~」とか言って褒めるのは
もうクセになっているので何でも褒める傾向にあります。

なので、友達や仲間と服を買いに行って
「似合う」と言われたからといって鵜呑みをしないでください。

それよりもまだ、お店の人に客観的に見てもらったほうが
真剣なアドバイスが得られます。

また、その服が自分に似合っているかだけではなく
コーディネートの相談にも乗ってくれます。

合わせたいボトムスやアウターを実際に着て行って
試着してみるのがいいのですが

いろんなスタイルに合わせてみたい時は
携帯やデジカメで合わせる服を撮って行くとわかりやすいです。

「このジャケットに合わせるインナーが欲しいのですが」
と写真を見せると的確なアドバイスが得られます。

その場合、購入しなくても知識が得られるだけ得をします。
コーディネートのコツを聞いて知ることもできます。

相手はアドバイスをすることが仕事なのですから
絶対に嫌がられることはありません。

恥ずかしがらずにどんどん聞いてみましょう。
店員さんと顔見知りになることで得することはたくさんありますよ。




ファッションにお金をかけたいけど
こづかいに困っている方はこれを参考にしてください。
ぼくたちもここで学びました。
http://j.mp/keisyow2

 
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。